カルト・ミュージック・コレクション CULT MUSIC COLLECTION



Symphonic Poem "Tateyama" 交響詩「立山」/ Toshiro Mayuzumi 黛敏郎

e0111398_323130.jpg黛敏郎はテレビ番組「題名のない音楽会」の司会として知られている。現代音楽のことをよく知らなかった頃は、黛敏郎は指揮者として知っていても、作曲家としてはよく知らなかった。現代音楽を少し知るようになってからは、曼荼羅交響曲や涅槃交響曲などの有名な曲を聴くようになった。

保守系団体「日本を守る国民会議」の議長を務め、保守派の論客として知られたところからすると、その音楽も国粋主義的なものであると考えられる。しかし黛敏郎の音楽は、たとえば伊福部昭や松平頼則のような日本へのこだわり方とは、また少し違ったものがある。黛敏郎の姿勢は日本に対して中庸であり公平である。日本的である、あるいは日本人であるということ以前に、音楽として純粋であり、音楽家としての真摯な姿勢がある。

この交響詩「立山」は、1973年に制作された松山善三監督の映画のために作曲された。黛敏郎は「映画を自由に作って貰った上で、私は私なりに、その映画に即した、しかも純音楽としても成立し得る作品を作ろうと云うことになった。もちろん、私自身も、立山を上空から綿密に観察したり、新雪の室堂平から完成数日前に立山隧道を歩いたり心ゆくまで『立山』を体験した」と語っている。黛敏郎の作曲に対する真摯な態度が伝わり、そして確かにこの「立山」は、親しみやすい作品である。

このCDは、1980年にレコードが発売されたものを2004年にTOWER RECORDSと株式会社BMGファンハウスがCD化したものだ。TOWER RECORDS RCA Precious Selection 1000の一枚、No.24である。(20070301/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
[PR]
by cultmusic | 2007-03-01 03:23 | 現代音楽
<< Complete Piano ... Hole in the Bir... >>


ロック、ジャズ、現代音楽など、あらゆる音楽を熱くレビューする。読め!聴け!
カテゴリ
全体
現代音楽
ハードロック
プログレッシブ・ロック
ポストパンク
パンク
グラムロック
日本のロック
ロック・アンド・ブルース
ジャズ
ロック・フォーク
グループサウンズ
未分類
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧