カルト・ミュージック・コレクション CULT MUSIC COLLECTION



Egg Featuring Dave Stewart / EGG

e0111398_0563733.jpgWikipediaを見ると、「EGG」と名のつくグループは5つもある。カナダのエレクトロニック・デュオの「EGG」、アメリカのインディ・ポップ・バンド「EGGS」、ブリティッシュ・エレクトロニック・ファンク・バンド「THE EGG」、アシッド・ハウス・ミュージシャンの「Mr Egg」、そしてこのカンタベリー派と呼ばれるプログレッシブ・ロック・バンドの「EGG」だ。

「エッグ」は1968年の7月に結成した。メンバーはオルガン・プレイヤーのデイブ・ステュワート、ベーシストでありボーカルをとるモント・キャンベル、そしてドラムのクライブ・ブルックスの3人である。この3人はエッグを構成する前に、ギタリストのスティーブ・ヒレッジを加えた4人で「ユリエル」というグループをやっていた。この「ユリエル」というグループのことは、セカンドアルバム「優雅な軍隊」にある曲「A Visit To Newport Hospital」で歌われている。

このCDは、エッグのファーストアルバムのリイシューで、オリジナルのファーストアルバムに「Seven Is A Jolly Good Time」と「You Are All Princes」の2曲が加えられている。なおオリジナルの「Symphony No.2」は「Movement 1」、「Movement 2」、「Blane」そして「Movement 4」という4部構成になっているが、「Movement 3」という部分もあったのだが著作権の関係で収録できなかったらしい。2005年に発売されたリイシュー盤では、この「Movement 3」も収録されており、そのためにオリジナルの「Symphony No.2」は20分40秒であったのに比べて、リイシュー盤では23分58秒の長さになったらしい。だがこのCDにおける「Symphony No.2」は20分43秒であるので、オリジナルバージョンのようだ。

エッグの魅力は、まずデイブ・ステュワートのオルガンだ。そしてモント・キャンベルの歌もいい。ボーカリストとして秀でているとは言えないが、気だるい歌い方は独特の雰囲気があり、デイブ・ステュワートのオルガンにぴったりだ。エッグの最高作品はセカンドアルバムの「優雅な軍隊」だと思うが、このファーストアルバムも多彩な曲があって、なかなか、いい。

このアルバムはもともと1970年に発表された。このCDは1992年にDERAMから発売された英盤だ。(20070601/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
[PR]
by cultmusic | 2007-06-01 00:55 | プログレッシブ・ロック
<< Music Revelatio... Cornflakes and ... >>


ロック、ジャズ、現代音楽など、あらゆる音楽を熱くレビューする。読め!聴け!