カルト・ミュージック・コレクション CULT MUSIC COLLECTION



カテゴリ:ロック・フォーク( 4 )


For the Roses / Joni Mitchell

e0111398_136957.jpgこのアルバムは、名作「ブルー」と、ジャズの要素を大胆に取り入れてジョニ・ミッチェルの名を知らしめた有名なアルバム「コート・アンド・スパーク」の間にはさまれたアルバムだ。邦題は「バラにおくる」とされる。

一曲目の「宴」を聴いてわかるとおり、前作「ブルー」を引き継いだような作りになっている。ただしここで歌われるものは、「ブルー」のように男女の愛をテーマにしたものではなく、また男女の愛と女性の生き方についてではなく、もっと広く人の生き方といったようなものを取り上げている。その意味では「ブルー」のような突き刺さる痛々しさが感じられないだけインパクトが薄いといえる。

サウンド的に感じられるのは、たとえば「パラングリル」における冒頭からのフルートの使い方や「レット・ザ・ウィンド・キャリー・ミー」でのサックスなどの管楽器、「恋するラジオ」のハーモニカ、など、ゲストプレイヤーを使った表現の幅が広がっている。リズムについても曲によってパーカッションが使われたり、「ブロンド・イン・ザ・ブリーチャーズ」ではドラムキットが登場する。ハーモニカで参加しているのは「クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング」のグラハム・ナッシュだ。

といったようにサウンド面での拡張がされていることと同時に、ジョニ・ミッチェルの歌にも表現の広がりと深まりがみられる。特に俺のお気に入りは「コールド・ブルー・スティール」だ。実に透明感のある歌い方で、あまりに真剣に聴き込むと、永遠の深みに引きずられそうになる。ブルースである。ジョニ・ミッチェルの解釈したブルースの形があらわれている曲だ。

2枚の名作アルバムに挟まれて、どちらかといえば知名度の低いアルバムかもしれない。しかし「ブルー」ほどの刺々しさがないところが、逆にいえばいつまでも飽きることなく、やや軽い気分で聴くことのできるアルバムだ。

このアルバムは1972年に発表された。このCDはWEA International Inc.から発売された日本盤だ。(20070525/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
[PR]
by cultmusic | 2007-05-25 01:36 | ロック・フォーク

Blue / Joni Mitchell

e0111398_1204287.jpgオープニングの「オール・アイ・ウォント」とエンディングの「リチャードに最後に会った時」は、このアルバムを聴いた後でとりわけ印象に残る曲だ。この2曲が対になり、ひとりの女性の愛と人生の歩みがみごとに描かれている。この2曲の対比によって、このアルバムが名作とされると言っても過言ではない。

「オール・アイ・ウォント」は自由で強い女へのあこがれと、素朴な愛の賛歌だ。自分の気持ちに素直であるということ、自由であること、そして愛することで互いに高めあうことができる。いわばユートピア的な愛の形が理想として歌われる。しかし「リチャードに最後に会ったとき」では、幸せとは何だろうという問いに気付きながら、もはや幻想となってしまった愛に焦がれ、薄暗いカフェで過ごすしかない悲しみが歌われる。弱々しく虚勢をはりながら。悲痛である。

ジョニ・ミッチェルがこの歌を歌ったのは1971年。もはやこのとき彼女は、底の浅い新しい愛の形に対して懐疑をおぼえ、警鐘を鳴らしていたのだ。20台の後半を迎え、数々の恋愛を経験しながらたどりついたひとつの結論がここにある。それは悲しく切実で、逃げることのできない冷酷な現実だ。

サウンド面では前作に比べてむしろシンプルになっている。アコースティック・ギターの曲は、2本のギターを効果的に伴奏に使っているが、ギターの曲はギターだけ、ピアノ伴奏の曲はピアノだけとシンプルだ。またジョニ・ミッチェルのボーカルも、ほとんどエフェクトをかけない肉声で録られ、コーラスなどのオーバーダビングもされていない。

このアルバムは1971年に発表された。このCDはワーナー・ミュージック・ジャパンから「フォーエバー・ミュージック」シリーズとして発売された日本盤だ。(20070511/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
[PR]
by cultmusic | 2007-05-11 01:20 | ロック・フォーク

Ladies of the Canyon / Joni Mitchell

e0111398_124275.jpgジョニ・ミッチェルは1943年、カナダのアルバータ州フォート・マクリードという町で生まれた。母は教師、父はカナダ空軍のパイロットだった。そのため戦中は両親とともにいくつもの基地を転々としたという。戦後には父が食料品店をすることになって、11歳のときにはサスカチェワン州最大の都市であるサスカトゥーン市に落ち着いた。ジョニ・ミッチェルはこのサスカトゥーンを自らのホームタウンであると思っているようだ。

7歳のときからピアノのレッスンを受けた。そして作曲することに天性の素質を見出した。また学校では美術にも才能をみせた。そして英語の先生からは「あなたは筆で絵を描くように、言葉を綴ることができる」と言われたらしい。

このアルバムは、名作「ブルー」に先立つサードアルバムだが、音楽的なスタイルはこのアルバムで既に完成していると言っていい。2本のギターを使った伴奏にのせ、写実的に、夢見るように歌う。「ブルー」の刺すような緊張感はないが、それだけに味わい深い。

有名な「サークル・ゲーム」の歌詞は素晴らしい。またクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングが歌って有名になった「ウッド・ストック」もいい。しかしアルバムのオープニングにふさわしい「モーニング・モーガンタウン」、リズム感のある「会話」、タイトル曲の「レディズ・オブ・ザ・キャニオン」、ロック的なリズムの「ビッグ・イエロー・タクシー」などジョニ・ミッチェルらしさの感じられる曲がたくさんある。

ジョニ・ミッチェルのことを「女のボブ・ディラン」と言われることがあるらしい。そのように思ったことはほとんどなかったのだが、このアルバムの「プリースト」を聴くと、ジョニ・ミッチェルにもボブ・ディランの影響があるのではないか、と感じるところもある。

「フォー・フリー」や「アレンジメント」のように、成功しスターダムにのしあがった自らの姿に戸惑っていることも素直に歌になっている。「フォー・フリー」はストリートのクラリネット・プレイヤーを歌ったもので、この曲を聴いて、クラリネットが吹きたくなった。

このアルバムは1970年に発表された。このCDはワーナー・ミュージック・ジャパンから「フォーエバー・ミュージック」シリーズとして発売された日本盤だ。(20070510/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
[PR]
by cultmusic | 2007-05-10 01:09 | ロック・フォーク

Clouds / Joni Mitchell

e0111398_1401819.jpg名作「ブルー」からジョニ・ミッチェルの世界に足を踏み入れた俺にとっては、どうしても「ブルー」との対比で他のアルバムをみてしまうところがある。「ブルー」はジョニ・ミッチェルにとって4枚目のアルバムであり、このアルバムは名作「ブルー」の前々作、ジョニ・ミッチェルのセカンドアルバムである。サウンド面でいえば、「ブルー」がアコースティックギターを伴奏にした曲とピアノを伴奏にした曲を織り交ぜてバリエーションを出していたのに対して、このアルバムではアコースティックだけのシンプルなものである。またそのギターも、ブルーでは2本のギターを複雑にからませたものであるのに対して、このアルバムではどちらかといえばトラッドでシンプルな伴奏といえる。

歌詞については「私は判っている」と邦題のついた「I Think I Understand」と「年老いていく子供たちへ」とされる「Songs To Aging Children Come」以外は基本的に愛の歌である。ここで歌われる愛は、基本的にはそれぞれに完結した愛の物語であり、「ブルー」で歌われるように人生そのものをテーマにし、愛と格闘し、矢尽き刀折れる、といった激しいものではない。

ジョニ・ミッチェルの歌は、聴きやすいと言えるかもしれない。「ブルー」は何かをしながら聴く、ということができないアルバムだ。たとえBGMとして流していても、必ず心を奪われるとげとげしい存在感があるが、このアルバムは比較的素直に「歌」を楽しめるものであるといえる。

発展途上である、という印象のアルバムだが、これはこれで、いい。このアルバムは1969年に発表された。このCDはワーナー・ミュージック・ジャパンから「フォーエバー・ミュージック」と題されたシリーズの一枚で日本盤だ。歌詞と対訳があるのがありがたい。(20070509/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
[PR]
by cultmusic | 2007-05-09 01:40 | ロック・フォーク


ロック、ジャズ、現代音楽など、あらゆる音楽を熱くレビューする。読め!聴け!