カルト・ミュージック・コレクション CULT MUSIC COLLECTION



The Solid Gold Collection / Ian Gillan

e0111398_482360.jpgイアン・ギラン・バンドの魅力は、レイ・フェンウィックのギターとジョン・ガスタフスンのベース、マーク・ナウシーフのドラムによる、そのジャズ・ロック的なアプローチだ。そしてコリン・タウンズのキーボードを加えて「プログレッシブ・ロック」としての評価も得ている。しかしイアン・ギランのボーカルはプログレ的ではなく、その対比が面白いという人もいる。

しかしイアン・ギランのボーカルは、ある意味で革命的であり、挑戦的だ。ボーカルを叫び声で表現するのは、例えばオノ・ヨーコが「fly」でみせたような「うぇぇえぇぇ」というものと似ているともいえる。その意味では、イアン・ギランのボーカルそのものが「プログレッシブ」であるといえよう。

このCDは、イアン・ギランのソロの足跡を概観するのにうってつけだ。1枚目のCD1曲目から4曲目はアルバム「Cherkazoo And Other Stories」から、5曲目から7曲目はセカンドアルバムの「クリアー・エアー・タービュランス」から、8曲目から14曲目はサードアルバム「スカラバス」から。2枚目のCD1曲目から5曲目までは「アクシデンタリー・オン・パワポーズ」、6曲目から11曲目まではアルバム「ネイキッド・サンダー」、12曲目から16曲目まではアルバム「ツールボックス」からの選曲である。

録音は元のオフィシャルアルバムどおりのもので、このCDを聴いても驚きはないが、このCDを使ってイアン・ギラン・バンドを手軽に聴くというのもありなのだろう。2005年にUnion Square Ltd.から発売されたものだ。(20070517/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
[PR]
# by cultmusic | 2007-05-17 04:08 | ハードロック

Rarities 1975 - 1977 / IAN GILLAN BAND

e0111398_332611.jpgファンにとってはお蔵入りのはずであった録音が手に入ることは嬉しいことであるが、当事者にとってはどうなのだろう、と心配してしまう。おそらくレイ・フェンウィックのインタビューから組み立てたと思われる8ページにわたる解説には、イアン・ギラン・バンドに関する裏話がいろいろと書かれている。

このCDに収められたトラックは、あるものはオフィシャルアルバムに収録された曲のデモバージョンであり、またあるものは幻の4thアルバムとして録音された未発表曲であり、またあるものはオフィシャルアルバムのトラックからボーカルを抜いた「バッキング・トラック」であり、あるいはライブ録音であったりする。いずれも「お蔵入り」の運命にあった録音だ。

オフィシャルアルバムのバッキング・トラックはもちろんのこと、デモバージョンであれ未発表曲であれ、録音状態はすこぶるいい。さらに未発表曲にはジョン・ガスタフスンがボーカルをとった曲があったり、ロジャー・グローバーがベースを弾いた曲があったりする。

レイ・フェンウィック、ジョン・ガスタフスン、マーク・ナウシーフ、コリン・タウンズ、そしてイアン・ギラン。第一期といえる黄金期のイアン・ギラン・バンドの魅力を再確認するCDだ。ライブ録音の「スモーク・オン・ザ・ウォーター」は東京公演のようだ。曲の終りに「トーキョー、ユー・ハブ・ビーン・ファンタスティック!」とイアン・ギランが応えている。

このCDは2003年にAngel Air Recordsから発売された。パッケージには英盤と書いてあるが、CDにはオーストラリア盤と書かれている。(20070516/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
[PR]
# by cultmusic | 2007-05-16 03:03 | ハードロック

Live at the Rainbow / IAN GILLAN BAND

e0111398_12561.jpg1977年5月14日に行われたイアン・ギラン・バンドのロンドン、レインボー・シアターでのライブを収録したものである。レインボー・シアターでの収録曲は「クリアー・エアー・タービュランス」、「マネー・レンダー」、「チャイルド・イン・タイム」、「スモーク・オン・ザ・ウォーター」、「ウーマン・フロム・トーキョー」の5曲で、もう一曲、6曲目の「ツイン・エクゾーステッド」は録音の詳細がわからない。CDには「ツイン・エクゾーステッドはもっと後の録音だが、レインボー・シアターでの録音と似ているので、このCDに収録することを決めた」といったことが書いてある。

イアン・ギラン・バンドはファーストアルバム「チャイルド・イン・タイム」を1976年7月に発表し、1977年4月にはセカンドアルバム「クリアー・エアー・タービュランス」を発表したところであった。ファーストアルバムからの「チャイルド・イン・タイム」はディープ・パープルのものと異なり、イアン・ギラン・バンドとしての演奏が確立したものだ。それに対してセカンドアルバムからの「クリアー・エアー・タービュランス」と「マネー・レンダー」は、アルバム発表直後ということもあり、またもともと完成された様式美を持っていることもあり、アルバムに忠実な演奏になっている。

「スモーク・オン・ザ・ウォーター」と「ウーマン・フロム・トーキョー」の2曲はディープ・パープルの曲だが、いずれもこのバンドで演奏を繰り返してきたためか、自分たちのバンドの曲に完全に消化しており、とてもヘビーな仕上がりになっている。観客の歓声からも、その演奏の素晴らしさがわかる。「ツイン・エクゾーステッド」も最高だ。

録音は悪くない。ライブ会場にマイクをそれなりにちゃんと立てて録音したもののようだ。ライブ感が十分に味わえる。全部で6曲、時間にして36分43秒の短いアルバムだが、当時のイアン・ギラン・バンドの勢いを感じられる録音だ。レイ・フェンウィック、ジョン・ガスタフソン、マーク・ナウシーフ、コリン・タウンズ、そしてイアン・ギランのこのメンバーが大好きなファンとしてはとても嬉しい。(20070515/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
[PR]
# by cultmusic | 2007-05-15 01:25 | ハードロック

Love, Billy / DISCOUNT

e0111398_145389.jpgディスカウントのオリジナルメンバーは、ベースがJames Parker、ボーカルがAlison Mosshart、ドラムとボーカルがBill Nesper、ギターとボーカルがRyan Seagristで、1996年にファーストアルバム「Ataxia's Alright Tonight」を発表した。その後同じメンバーでセカンドアルバム「ハーフ・フリクション」を1997年に発表した後、このミニアルバムを発表した。

収められた曲は、いずれも3分前後のものが5曲。これらの曲は、英国人ミュージシャンBilly Braggの曲をカバーしたものらしい。トータル時間は15分15秒と短いが、演奏はディスカウントの魅力をよく表している。つんのめる前倒しのリズム、ごりごりと力強いベース、ざくざくとリフを刻むギター。そして幼さを感じさせるキュートなボーカル。

セカンドアルバムと比べても、このミニアルバムの曲は初心に帰ったかのような印象がある。生き生きとしたバンドらしさが感じられるのだ。たとえば3曲目「A Pict Song」のはじめにはカリッというギターかベースのシールドノイズ音があったり、4曲目「Help Save The Youth Of America」の冒頭にある笑いながらのカウントアップなど、よい意味できちんと整理されていない編集にあらわれている。

そして最も素晴らしいのは、1曲目「Accident Waiting To Happen」のアリソンのボーカルである。全くエフェクトをかけていない生々しい声。リバーブさえかけていない。息継ぎの音も聞こえてくる。まるで目の前で歌っているかのようだ。素晴らしい録音だ。またこのトラックで、アリソンのボーカリストとしての魅力と実力をあらためて感じさせてくれる。

ディスカウントはベースをTodd Rockhillに交代してサードアルバム「クラッシュ・ダイアグノスティック」を2000年に発表するのだが、カバー曲ではあるが、俺はむしろこのミニアルバムの方を評価したい。ディスカウントを少しでも評価しており、まだこのミニアルバムを聴いていないなら、ぜひ聴くべきだ。

このアルバムは1998年の2月にMorrisound Studiosで録音され、同年にFueled By Ramenから発売された。(20070514/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
[PR]
# by cultmusic | 2007-05-14 00:32 | パンク

Blue / Joni Mitchell

e0111398_1204287.jpgオープニングの「オール・アイ・ウォント」とエンディングの「リチャードに最後に会った時」は、このアルバムを聴いた後でとりわけ印象に残る曲だ。この2曲が対になり、ひとりの女性の愛と人生の歩みがみごとに描かれている。この2曲の対比によって、このアルバムが名作とされると言っても過言ではない。

「オール・アイ・ウォント」は自由で強い女へのあこがれと、素朴な愛の賛歌だ。自分の気持ちに素直であるということ、自由であること、そして愛することで互いに高めあうことができる。いわばユートピア的な愛の形が理想として歌われる。しかし「リチャードに最後に会ったとき」では、幸せとは何だろうという問いに気付きながら、もはや幻想となってしまった愛に焦がれ、薄暗いカフェで過ごすしかない悲しみが歌われる。弱々しく虚勢をはりながら。悲痛である。

ジョニ・ミッチェルがこの歌を歌ったのは1971年。もはやこのとき彼女は、底の浅い新しい愛の形に対して懐疑をおぼえ、警鐘を鳴らしていたのだ。20台の後半を迎え、数々の恋愛を経験しながらたどりついたひとつの結論がここにある。それは悲しく切実で、逃げることのできない冷酷な現実だ。

サウンド面では前作に比べてむしろシンプルになっている。アコースティック・ギターの曲は、2本のギターを効果的に伴奏に使っているが、ギターの曲はギターだけ、ピアノ伴奏の曲はピアノだけとシンプルだ。またジョニ・ミッチェルのボーカルも、ほとんどエフェクトをかけない肉声で録られ、コーラスなどのオーバーダビングもされていない。

このアルバムは1971年に発表された。このCDはワーナー・ミュージック・ジャパンから「フォーエバー・ミュージック」シリーズとして発売された日本盤だ。(20070511/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
[PR]
# by cultmusic | 2007-05-11 01:20 | ロック・フォーク

Ladies of the Canyon / Joni Mitchell

e0111398_124275.jpgジョニ・ミッチェルは1943年、カナダのアルバータ州フォート・マクリードという町で生まれた。母は教師、父はカナダ空軍のパイロットだった。そのため戦中は両親とともにいくつもの基地を転々としたという。戦後には父が食料品店をすることになって、11歳のときにはサスカチェワン州最大の都市であるサスカトゥーン市に落ち着いた。ジョニ・ミッチェルはこのサスカトゥーンを自らのホームタウンであると思っているようだ。

7歳のときからピアノのレッスンを受けた。そして作曲することに天性の素質を見出した。また学校では美術にも才能をみせた。そして英語の先生からは「あなたは筆で絵を描くように、言葉を綴ることができる」と言われたらしい。

このアルバムは、名作「ブルー」に先立つサードアルバムだが、音楽的なスタイルはこのアルバムで既に完成していると言っていい。2本のギターを使った伴奏にのせ、写実的に、夢見るように歌う。「ブルー」の刺すような緊張感はないが、それだけに味わい深い。

有名な「サークル・ゲーム」の歌詞は素晴らしい。またクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングが歌って有名になった「ウッド・ストック」もいい。しかしアルバムのオープニングにふさわしい「モーニング・モーガンタウン」、リズム感のある「会話」、タイトル曲の「レディズ・オブ・ザ・キャニオン」、ロック的なリズムの「ビッグ・イエロー・タクシー」などジョニ・ミッチェルらしさの感じられる曲がたくさんある。

ジョニ・ミッチェルのことを「女のボブ・ディラン」と言われることがあるらしい。そのように思ったことはほとんどなかったのだが、このアルバムの「プリースト」を聴くと、ジョニ・ミッチェルにもボブ・ディランの影響があるのではないか、と感じるところもある。

「フォー・フリー」や「アレンジメント」のように、成功しスターダムにのしあがった自らの姿に戸惑っていることも素直に歌になっている。「フォー・フリー」はストリートのクラリネット・プレイヤーを歌ったもので、この曲を聴いて、クラリネットが吹きたくなった。

このアルバムは1970年に発表された。このCDはワーナー・ミュージック・ジャパンから「フォーエバー・ミュージック」シリーズとして発売された日本盤だ。(20070510/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
[PR]
# by cultmusic | 2007-05-10 01:09 | ロック・フォーク

Clouds / Joni Mitchell

e0111398_1401819.jpg名作「ブルー」からジョニ・ミッチェルの世界に足を踏み入れた俺にとっては、どうしても「ブルー」との対比で他のアルバムをみてしまうところがある。「ブルー」はジョニ・ミッチェルにとって4枚目のアルバムであり、このアルバムは名作「ブルー」の前々作、ジョニ・ミッチェルのセカンドアルバムである。サウンド面でいえば、「ブルー」がアコースティックギターを伴奏にした曲とピアノを伴奏にした曲を織り交ぜてバリエーションを出していたのに対して、このアルバムではアコースティックだけのシンプルなものである。またそのギターも、ブルーでは2本のギターを複雑にからませたものであるのに対して、このアルバムではどちらかといえばトラッドでシンプルな伴奏といえる。

歌詞については「私は判っている」と邦題のついた「I Think I Understand」と「年老いていく子供たちへ」とされる「Songs To Aging Children Come」以外は基本的に愛の歌である。ここで歌われる愛は、基本的にはそれぞれに完結した愛の物語であり、「ブルー」で歌われるように人生そのものをテーマにし、愛と格闘し、矢尽き刀折れる、といった激しいものではない。

ジョニ・ミッチェルの歌は、聴きやすいと言えるかもしれない。「ブルー」は何かをしながら聴く、ということができないアルバムだ。たとえBGMとして流していても、必ず心を奪われるとげとげしい存在感があるが、このアルバムは比較的素直に「歌」を楽しめるものであるといえる。

発展途上である、という印象のアルバムだが、これはこれで、いい。このアルバムは1969年に発表された。このCDはワーナー・ミュージック・ジャパンから「フォーエバー・ミュージック」と題されたシリーズの一枚で日本盤だ。歌詞と対訳があるのがありがたい。(20070509/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
[PR]
# by cultmusic | 2007-05-09 01:40 | ロック・フォーク

Crash Diagnostic / DISCOUNT

e0111398_21209.jpg1997年に衝撃的なファーストアルバム「Ataxia's Alright Tonight」を発表したディスカウントのサードアルバムである。ファーストアルバムにおける天衣無縫な荒々しさはディスカウントの大きな魅力だった。そしてバンドのメンバーが生き生きと演奏し、ライブの中から練り上げられた曲は魅力的だった。セカンドアルバム「Half Fiction」では落ち着いた演奏をみせてくれたが、ファーストアルバムで感じた魅力は残念ながら半減していた。

ロックバンドというものは、ひとつのマジックである。それぞれに個性的で技術のあるミュージシャンが集まっても、必ずしも素晴らしいバンドになるとは限らない。また技術的にも経験も未熟なメンバーが集まったとしても、ひとつのバンドとしてまとまったときに途方もないエネルギーを出すことがある。これがロックバンドの面白さであり、最大の魅力である。

このディスカウントの場合はどうか。ファーストアルバムの荒々しさは、テクニックよりもやりたいことが先にある傍若無人なギターと、「へたうま」と言いたいくらい幼い女性ボーカル、そして「リズムを保つ」という言葉を知らないかのように早くなったり遅くなったりするどたばたドラムが大きな魅力であった。このアルバムではベースがJames ParkerからTodd Rockhillへと変わったが、他のメンバーはファーストアルバムから同じである。確かに上手くなった。しかしバンドとしての輝きは、ファーストアルバムでみせてくれたほどの眩しさを感じない。

このアルバムが悪いと言っている訳ではない。演奏は堂々としており、まさに順風満帆の貫録である。曲もバラエティに富み、それぞれに個性的でスピード感も失われていない。特にボーカルのAlison Mosshartの成長が著しい。素人くささがなくなり、ロックシンガーの歌い方になっている。それでいてキュートな魅力はちゃんと持っている。ある意味でこのアルバムは、落ち着いてじっくりと味わうことができるものである。

残念ながらこのサードアルバムを残して解散してしまうディスカウントだが、俺たちには記録された3枚のアルバムを、気の済むまで聴く幸せが残されている。このアルバムは1999年の7月にInner Ear Studiosで録音された。(20070508/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
[PR]
# by cultmusic | 2007-05-08 02:01 | パンク

Half Fiction / DISCOUNT

e0111398_1154985.jpgこのバンドを「パンク」と呼ぶことが正確かどうか自信がないが、あえて分類するとなると、やはり「パンク・ロック」なのだろう。このアルバムはディスカウントのセカンドアルバムである。メンバーはファーストアルバム「Ataxia's Alright Tonight」と同じ。ベースがJames Parker、ボーカルがAlison Mosshart、ドラムがBill Nesper、ギターがRyan Seagristだ。

ファーストアルバムに比べて明らかに音が洗練されている。はっきりと違うのはギターの音だ。ファーストアルバムでは比較的ナチュラルなディストーション・サウンドであったものが、このアルバムでは強くソリッドに歪ませた音になっている。これは好みが分かれるところだろう。ファーストアルバムの若々しい突っかかるような音が好きだ、という人も多いに違いない。

もうひとつの違いは、ファーストアルバムで荒々しく暴れまわっていたドラムと、ごりごりと弾きまくっていたベースがおとなしくまとまっていることである。ディスカウントの魅力はキュートなボーカルと曲の主導権を握るギターにあるのは間違いないが、ファーストアルバムでみせたドラムとベースの荒々しいリズムも魅力があった。だからこそバンドが一体となって演奏しているという感動があったのだが、このセカンドアルバムでは、リズムを押さえることを意識し、あえて派手なプレイを避けているように思える。

その意味ではやや物足りないところも感じるが、リズムがシンプルなだけに疾走感があり、ボーカルとギターの魅力を前面に押し出したアルバム、というかんじだ。なお付け加えると、6曲目「Pocket Bomb」、7曲目「Keith」、9曲目「Stale Laughter Fake Smile Soup」などでは暴れまわるドラムもみせてくれる。

録音は1997年の6月。Morrisound StudiosでSteve Heritageによって行われた。Additional EngineeringとしてMitchell Howellの名前がある。またアートワーク、ペインティング、ドローイング、タイピング、レイアウトのすべてをアリソンが行った、とある。このアルバムは1997年にTank Musicから発売された。(20070507/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
[PR]
# by cultmusic | 2007-05-07 01:11 | パンク

Barbeque Dog / RONALD SHANNON JACKSON AND THE DECORDING SOCIETY

e0111398_1522919.jpgロナルド・シャノン・ジャクソンはオーネット・コールマンのプライム・タイムでドラムを叩き、ジャズの歴史上重要なアルバム「ダンシング・イン・ユア・ヘッド」と「ボディ・メタ」に参加した。またジェイムズ・ブラッド・ウルマーの「アー・ユー・グラッド・トゥ・ビー・イン・アメリカ」やビル・ラズウェルの「ベースライン」にも参加した。またアルバート・アイラーやセシル・テイラーのアルバムに参加したこともある。

リーダー・アルバムとして日本で有名なものは「マン・ダンス」であるが、これはロナルド・シャノン・ジャクソン名義のアルバムとしては4作目である。この「バーベキュー・ドッグ」は続く5作目のアルバムにあたる。その大胆さ、斬新さ、エネルギッシュな演奏などあらゆる点において、俺はこのアルバムを、ロナルド・シャノン・ジャクソンの初期のベストアルバムだと確信している。

タイトル曲「バーベキュー・ドッグ」をはじめ素晴らしい曲が並ぶが、中でも俺のお気に入りは、とぼけたスピード感がある「ユーゴ・ボーイ」、そして独特の浮遊感をもつ「ホエン・チェリー・ツリーズ・ブルーム・イン・ウインター、ユー・キャン・スメル・ラスト・サマー」である。これ以外の曲も、リフが実に印象的で魅力がある。リフにからむインタープレイも素晴らしく、バンドとして有機的にうまく機能しており、各ミュージシャンの個性が存分に発揮されている。

ロナルド・シャノン・ジャクソンはアメリカ、テキサス州フォートワースで1940年に生まれた。数多くの革新的なアルバムに参加し、自らのバンド「デコーディング・ソサエティー」を結成したのは1979年である。セッションアルバムにおけるドラムプレイも見逃せないが、やはりリーダーアルバムが最ものびのびと叩いている気がする。日本ではアルバムが手に入れにくく、このCDも何年も探し続けて苦労して手に入れたのだが、できる限り追い続けたいミュージシャンのひとりだ。

このアルバムは1983年に発表された。1983年の3月にイギリス、ロンドンのジャム・レコーディングというスタジオで録音され、4月にアメリカ、ニューヨークのエレクトリック・レディ・スタジオで編集されたとある。デコーディング・ソサエティのメンバーとして、ドラムがロナルド・シャノン・ジャクソン、ギターがヴァーノン・リード、ベースがメルヴィン・ギブス、ソプラノとアルトサックスとしてゼイン・マッセイ、フレットレス・エレクトリック・ベースとしてリバーンド・ブルース・ジョンソン、トランペットとしてヘンリー・スコットの名前がクレジットされている。(20070502/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
[PR]
# by cultmusic | 2007-05-02 01:51 | ジャズ


ロック、ジャズ、現代音楽など、あらゆる音楽を熱くレビューする。読め!聴け!
カテゴリ
全体
現代音楽
ハードロック
プログレッシブ・ロック
ポストパンク
パンク
グラムロック
日本のロック
ロック・アンド・ブルース
ジャズ
ロック・フォーク
グループサウンズ
未分類
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧